SERVICE業務内容

遺言

家族に想いを遺す遺言書を

"誰かが笑って、誰かが泣くような遺言書を残すべきですか"
遺産の分配とは、Aさんが多くもらえば、Bさんの取り分が減るということです。
平等に分けることは難しいですが、役割に応じて公平に分けることがとても大事です。
遺産が自宅の3,000万円と預貯金1,000万円、子どもは3人、どうやって分けますか?と聞いて、簡単に結論が出てくるわけがありません。難しいから、専門家に頼むわけです。しかし、答えは必ずご本人が持っています。その答えを一緒に探すことが我々の業務です。
大変だからといって何もしないことは一番の悪です。
悩むことは、しんどいですがとても大事で、その負担が少しでも減るようにサポートし、最後には家族も含めて笑顔に導きます。

遺言書作成の5つのメリット

  • 遺言者の希望が実現できる

    民法のルールに従う限り、遺言者の希望を実現できます。

  • 2

    相続の手続きがスムーズにできる

    遺産分割協議や相続人の押印が不要となり、スムーズに相続手続ができます。

  • 3

    自分の人生を振り返ることができる

    家族へ想いを遺すために出生から現在までの歩みを振り返ります。

  • 4

    生前に家族と話し合うことができる

    あなたが亡くなった後に遺言書が出てきて家族がそれを読むよりも、生前に家族で話し合うことがとても大切です。

  • 5

    遺言執行

    あなたの想いをきちんと伝えるべく、遺言書の内容が実現されるように遺言執行者にHOPを指定することができます。

遺言書を作る必要があるのか、 遺言書を作る必要がある場合、どんな内容にするべきなのか、というところから一緒に考えサポートいたします。遺言書の修正についても対応いたします(作成時からある程度の変更を想定し、遺言書を書き直さなくても対応できるような作り方も可能です)。 遺言書が完成したときに、自然と涙を流される方も多いです。そんな遺言書を一緒に作りたいです。

ページTOP